AGA治療は保険適用される?適用の条件とは?

AGA治療を受けるときに、保険適用されるか気になっている方はいませんか?

AGA治療は、高額になることもあるため、保険が適用されれば経済的負担がかなり楽になります。

一般的にはAGA治療は保険適用とはなりませんが、ある条件を満たす場合は保険が適用される可能性があります。

当記事では、AGA治療が保険適用されるかについてご説明します。AGA治療が保険適用されるか気になっている方は、これを読めば疑問が解決するでしょう。

● 保険が適応される病気にはどのような特徴があるのかわかる
● AGA治療は保険は適用されないとわかる
● AGA治療で保険が適用されるケースがわかる

保険診療と自由診療の違いは?

保険が適用される治療を保険診療と呼びますが、これらは厚生労働省によって決められています。保険診療は、かかった費用の3割だけ負担するだけで、治療を受けることができるのです。

保険診療の治療費は、一般的に安く抑えられていて、全国どこで治療を受けても同じ料金です。命にかかわるような重大な病気の治療や日常生活に支障をきたすような病気の治療などは、保険診療として認められる傾向があります。

一方、自由診療は、治療にかかった費用は全額患者負担となります。また、治療費は各病院で自由に設定してよいことになっています。そのため、AGA治療はクリニックによって治療費が異っているのです。

自由診療の治療費は各病院で、自由に設定できるようになっています。

AGA治療は保険が適用されない自由治療

一般的にAGA治療は、保険が適用されない自由診療です。保険が適用されない理由は、髪の毛がなくなっても命に関係せず、AGAが進行しても薄毛の範囲が広がるだけで、治療をする目的が見た目を改善するためだけに行う、とみなされているからです。美容整形などと同じように、考えられているということでしょう。

AGA治療が保険適用にならないのは、治療を受ける施設に関係はありません。大きな大学病院の皮膚科でAGA治療を受けても、街のクリニックで治療を受けても保険適用にはならないのです。

また、AGA治療は、医療費控除の対象にもなりません。医療費控除とは、年間の治療費が10万円を超えたら、お金が戻ってくることです。しかし、AGA治療はもともと健康保険の適用外のため、医療費控除の対象にならないのです。

AGA治療は自由診療だから、治療費は全額負担しなければいけないのね

AGAではなく他に原因による薄毛治療には保険が適用されることもある

一般的には保険の適用とはならないAGA治療ですが、例外的に保険が適用される薄毛治療のケースがあります。

AGA治療ではありませんが、甲状腺機能障害が原因で発症した薄毛や円形脱毛症は保険が適用されるケースがあります。また、頭皮に炎症が起こっているために、髪の毛が抜けてしまったケースなども、保険が適用される可能性があるそうです。心当たりのある方は、医師に相談して保険が適用になるか聞いてみましょう。

薄毛の治療でも例外的に保険が適用されることもあるのね

まとめ

● 保険診療は治療費の一部の費用を支払えば治療が受けられる

● 自由診療は治療費を自由に設定することができる。

● 薄毛治療の中には、保険が適応される可能性があるケースがある

AGA治療は保険が適用されるかどうかご紹介しました。AGA治療は、自由診療のためクリニックによって価格が異なります。自分に合っていて、少しでも安く治療が受けられるクリニックを探してみましょう。