生え際の脱毛はAGA治療で治るのか? 

生え際の脱毛はAGA治療で治るのか?のサムネイル画像

生え際の脱毛への対処は難しいといわれています。生え際はAGAが発症しやすい部位であるため、自分で育毛剤などを使って薄毛の改善を図っても難しいでしょう。

当記事では、生え際の脱毛に対してのAGA治療をご紹介します。生え際が気になりだした方は、これを参考にして今後の治療に役立ててください。

AGA発症のメカニズムがわかる
生え際に対する治療法がわかる
生え際から薄毛が始まる理由がわかる

生え際はAGAリスクが高い部位

生え際から薄毛が始まり、徐々に後退していくパターンはよくみられます。

最初にAGA発症のメカニズムをご紹介します。

生え際脱毛が起こるメカニズム

男性ホルモン(テストステロン)が、5α-リダクターゼという酵素によってDHTに変換されます。変換されたDHTが、毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプターと結合すると、脱毛因子であるTGF-βが生成され脱毛が促進されることでAGAが発症します。

Ⅱ型5α-リダクターゼは、前頭部の毛乳頭に多く存在しているため、前頭部の生え際から脱毛が始まる方が多いです。

また、生え際は血管が少ないことや皮膚が硬くなりやすいことも、生え際から脱毛が生じやすい理由といえます。

生え際の後退はよくみるAGAのタイプよね

生え際の脱毛が改善しにくい理由は?

生え際の脱毛は、自分で対処するのは難しいといわれていますが、どうしてでしょうか。

生え際は血管が少なく、皮膚が硬くなりやすい

5α-リダクターゼが多く存在していることに加え、前頭部は頭頂部に比べると、毛細血管が少なく皮膚が硬くなりやすいです。そのため、血行が悪く毛母細胞まで髪の毛の成長に必要な栄養が供給されにくく、AGA治療薬を使っても毛母細胞を活性化させることが難しいのです。

生え際はAGA発症リスクが高い部位ってことね

生え際の脱毛もクリニックにいけば治療可能!

生え際の脱毛は改善が難しいですが、クリニックに行って適切な治療を受ければ改善が可能です。

抜け毛抑制効果と発毛促進効果の治療薬の併用で改善

最初は、投薬治療で改善を目指します。

抜け毛抑制効果が期待できるプロペシアと、発毛効果が期待できるミノキシジルを併用した治療を開始します。投薬治療の効果が出るまで、半年~1年かかるといわれているため、効果が出なくても半年以上は継続して治療を受けて様子をみましょう。

生え際に産毛が残っていたなら発毛効果が現れる可能性がありますが、ツルツルになってしまっていたら発毛は難しいかもしれません。

この治療を受けながら、食生活や生活習慣の見直しもしましょう。バランスの取れた食事を摂るように心がけ、十分な睡眠を取って発毛しやすい環境づくりをします。

高い発毛効果が期待できる注入治療で改善

投薬治療で発毛効果がみられなかったら、次は注入治療を開始します。

AGA治療は、日々研究が行われており、新しい治療法が開発されています。

注入治療は、直接頭皮に細胞成長因子を注入し、毛母細胞の細胞分裂を活性化させ、失われた髪の毛を再生させる治療法です。

生え際の脱毛もAGA治療で改善できるのね

まとめ

● 生え際の脱毛はAGAの進行パターンのひとつ

● 前頭部は毛細血管が少なく、皮膚が硬くなりやすいため治療は難しい

● 生え際の脱毛もAGA治療で改善可能

生え際の脱毛が改善しにくい理由や治療法をご紹介しました。AGA治療は、効果が現れるまで時間がかかるので、我慢強く治療を受けなければいけません。生え際の脱毛で悩んでいる方は、これを参考に治療に取り組んでください。