AGA治療でよくある押し売りトラブルの対処方法

AGA治療でよくある押し売りトラブルの対処方法のサムネイル画像

最近、AGAクリニックでの押し売りトラブルが、急増しているようです。このような悪徳クリニックはごく一部で、大部分のクリニックは患者優先の治療を行っています。

当記事では、このような悪徳クリニックの押し売りトラブルへの対処方法をご紹介します。これを参考に、悪徳クリニックで押し売りトラブルに巻き込まれたとき対処してみてください。

● 悪徳クリニックの押し売りトラブルの対処方法がわかる
● 押し売りの手口がわかる
● 押し売りトラブルの回避方法がわかる

これが悪徳クリニックの手口だ!

押し売りの際によく使われる手口をご紹介します。カウンセリング時や診療中にこんな経験をしたら、用心しましょう。

高額治療を強引に勧めてくる

これは、最も多くの方が経験している押し売りトラブルでしょう。

高額治療を押し売りされてこちら側が悩んでいると、不安を煽るような言葉を言ってくる、ここまでがセットですね。

「この治療を受けないと、治りませんよ!」「今までの治療だけでは、治らないからお金の無駄になりますよ!」

患者に向かって、こんなことを言ってくること自体論外ですね。

決断を急がせる

その場で決断を迫ってくる、というのもよくある押し売りトラブルです。

普通のクリニックなら、その場で決断を迫るようなことはせず、次回の通院時まで考える時間を与えてくれます。しかし、悪徳クリニックでは契約書すら読む時間を与えようとせずに、契約書のサインを急かしてきます。

このような経験をしたら、そこのクリニックはやめた方がよいかもしれません。

特別感を出して契約させようとする

「今日まで~%割引中ですよ。良かったですね」「あと~人だけ、特別にこちらの治療が受けられますよ」

患者に特別感を感じさせて、契約しないと損なんじゃないかと思わせる手口です。

翌日、友達に無料カウンセリングを受けに行ってもらったら、全く同じことを言われた、とかあり得ます。

不安を煽るようなことをいう押し売りは最悪ね…

押し売りトラブル回避方法

押し売りに巻き込まれないように、回避方法をご紹介します。

高額な治療コースがないクリニックを選ぶ

メソセラピーなどの高額治療のコースがなく、投薬治療だけのようなクリニックを選べば、高額治療の押し売りに合わなくてすみます。

ミノキシジルやプロペシアなどの投薬治療は、どこのクリニックで受けてもそれほど大差ありません。投薬治療を受けると決めている方は、余計なコースが設定されていないクリニックを選びましょう。

オンライン診療を利用する

直接押し売りされると、断りにくい方におすすめの回避法です。

オンライン診療なら、悪徳クリニック側も押し売りしにくいですし、こちら側も断りやすいでしょう。

また、自宅という安心できる空間にいるため、クリニックで押し売りされるような心理的な圧迫を感じることもないため、断りやすいです。

確かに自宅でオンライン越しなら押し売りされたとしても断りやすいね

押し売りトラブルに巻き込まれた時の対処方法

押し売りトラブルに巻き込まれてしまったときの対処方法をご紹介します。

AGAについての知識を身につける

知識がないと、悪徳クリニック側が滅茶苦茶なことを話していても、気づかないことがあります。

また、こちらが詳しかったらあちらは警戒して、押し売りをしにくくなるということもあるでしょう。

サインは絶対にしない

サインさえしなければ契約は成立しないので、サインだけは絶対にしないように心がけましょう。いつのまにか医療ローンを組まされていた、なんてことも起こりません。

断る勇気を持つ

押し売りされても納得しなければ、断ればよいのです。毅然と断ってきた人には、悪徳クリニック側も押し売りしても無駄だなと思って、もうしてこなくなります。

断るのが一番確実なんだけろうけど、なかなか難しいよね

まとめ

● 押し売りの手口にはパターンがある

● 押し売りされそうなスチュエーションは極力避ける

● どんな押し売りをされても断る勇気があれば大丈夫

AGA治療でよくある押し売りトラブルについてご紹介しました。悪徳クリニックを選ばないように、事前にできるだけ情報を集めてクリニックを選びましょう。