AGAクリニックにおける代表的な治療方法まとめ

AGAクリニックにおける代表的な治療方法まとめのサムネイル画像

AGAの治療にはさまざまな方法があります。AGAの進行具合や体質によって、合っている治療法は異なっています。また、新しい治療法が日々開発されていて、治療法の選択肢も広がりました。

当記事ではAGAクリニックにおける代表的な治療方法をご紹介します。治療法を選ぶときの参考にしてください。

● AGAクリニックにおける代表的な治療法がわかる
● 治療法によって効果や費用が異なっている
● 日々新しい治療法が開発されている

AGAクリニックにおける代表的な治療方法は?

AGAクリニックで受けることができる治療法は、大きく分けると投薬治療、注入治療、植毛です。それぞれの治療法を簡単にご紹介します。

AGA治療の基本となる投薬治療

AGAの基本となる治療法は、投薬治療です。主に使われている治療薬は大きく分けると2つあります。

5α-リダクターゼの働きを抑制して、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する働きがあるプロペシアやザガーロ。

血管を拡張させることで毛母細胞を活性化させ、発毛効果を促進させるミノキシジル。

これらの治療薬を単独もしくは併用してAGAの治療を行います。

また、クリニックの中には、これらの成分に髪の毛の成長に必要なビタミン類や亜鉛などをブレンドしたオリジナルの発毛薬を開発し、治療に使っているクリニックもあります。

AGAが進行してしまうと、発毛効果が現れにくくなってしまうため、出来るだけ早く治療を始めることが重要です。

治療費は、最も安いジェネリック薬を服用すれば、1ヶ月5,000円以下ですむため、始めやすい治療法といえます。

高い発毛効果が期待できる注入治療

頭皮に細胞成長因子を直接注入して、毛母細胞を活性化させることで、髪の毛を再生させる治療法です。

発毛効果は投薬治療よりも高く、治療を受けた大部分の方に発毛効果が認められたという報告があります。投薬治療と併用すると、さらに発毛効果が期待できるため、両方受けることがおすすめです。

この治療法は、AGAによる薄毛治療だけではなく、円形脱毛症や女性型脱毛症にも発毛効果が期待できるといわれています。しかし、毛母細胞が死滅してしまったり、頭皮表面の毛穴が閉じてしまっていると発毛効果が現れないことがあるため、早期治療が重要であることは投薬治療と同様です。

注入成分は、自分の血液から抽出される成長因子に含まれた上澄みを利用したり、約200種類の細胞間の情報伝達を行う役割を持った物質を利用したりするものなどがあります。日々、新しい注入液の研究が行われているため、より発毛効果が高い注入液が開発されていくでしょう。

治療費は高額になることが多く、1回の注入で10万円以上するものもあるため、投薬治療をしても発毛効果が得られなかった方が、選択することが多いようです。

高額な治療費がかかる植毛

植毛には、自毛植毛と人工植毛があります。

自毛植毛は、髪の毛を増やしたい部分に、薄毛になりにくい側頭部や後頭部から細胞ごと移植する治療法です。自分の細胞を移植するため拒絶反応は起こりにくいですが、移植した髪の毛は一旦抜け落ちてしまうため、髪の毛が伸びるまでに時間がかかります。

人工植毛は、ナイロンやポリエステルなどからできている人工毛を、植えつけていく治療法です。植えつけたら、すぐに髪の毛が増えることはメリットですが、異物として認識されると皮膚トラブルの原因となってしまいます。

植毛の費用は一般的に高額です。部分的な植毛で50万円ほど、全体的に植毛をすると数百万円以上かかります。治療費が高額になるため、他の治療から試すことをおすすめします。

金銭的にも身体的にも負担が少ない投薬治療から始めるのが良いですね

まとめ

● 投薬治療は比較的安い費用で治療が受けられる

● 注入治療は、AGA以外の薄毛にも発毛効果が期待できる

● 植毛には、自分の細胞を移植する自毛植毛と、人工毛を植えつける人工植毛がある

AGAクリニックにおける代表的な治療方法をご紹介しました。最初は投薬治療から始め、効果が出なかったら注入治療を試すことをおすすめします。