AGAクリニックと薬の個人輸入、どっちがおすすめ?

AGAクリニックと薬の個人輸入、どっちがおすすめ?のサムネイル画像

AGAはデリケートな問題のため、誰にも知られずに治療をしたいと思っている方も多いでしょう。しかし、AGA治療薬はドラッグストアなどで購入することはできません。クリニックで処方してもらわないと、手に入らないのです。

そこでAGA治療薬の個人輸入を考えた方もいるでしょう。しかし、個人輸入はリスクがあることを知っていますか?

当記事では、AGA治療薬はクリニックで処方してもらった方が良い理由を解説します。個人輸入を考えている方は、この記事を読んでもう一度考えてください。

● AGA治療薬を個人輸入することを思いとどまるきっかけとなる
● AGA治療薬をクリニックで処方してもらうメリットがわかる
● AGA治療薬を個人輸入した場合のデメリットがわかる

AGA治療薬を個人輸入した場合のリスク

AGA治療薬を個人輸入をした場合、クリニックで処方してもらった場合よりも安い価格で誰にも知られずに購入できる可能性はあります。しかし、メリットはこの点だけです。

個人輸入した治療薬は品質の保証がない

個人輸入したAGA治療薬が、本物かどうか見極められますか?

プロペシアと、ラムネや小麦粉を固めただけのものの違いがわかりますか?

ミノキシジルと水の区別はつきますか?

専門家でも成分分析をしなければ、本物かどうか見分けるのは難しいでしょう。

また、個人輸入した治療薬を服用して発毛効果が出なかった場合、自分に合わなかったと諦めるしかありません。例え治療薬と偽ったものだとしてもです。

クリニックで処方してもらった治療薬は正規品のため品質は保証されていますが、個人輸入した治療薬の品質は、保証されていないのです。

いつその治療薬が製造されたものであるのか、果たしてAGA治療薬として適切なものなのかもわかりません。

中身が、無害なラムネや水ならまだお金の無駄になるだけですが、服用したら身体に有害なものや、所持しているだけで罪に問われるものである可能性もあり得ます。

副作用が出たときの対処が難しい

AGA治療薬は、副作用を発症する可能性があります。副作用の中には重大なものがあり、医師の指導の下、服用しなければ危険です。

医師の指導の下、服用したとしても副作用が発症する可能性はありますが、異常を感じたらすぐにどうすれば良いのか医師に相談できます。

しかし、個人輸入した治療薬を服用して副作用が出た場合、相談する相手がいません。

また、個人輸入をした治療薬を服用して発症した副作用である、といううしろめたさのため、異常を感じても救急車を呼んだり、クリニックに診療してもらいに行ったりすることを躊躇してしまう気持ちもあるでしょう。

もし、異常を感じてクリニックに行ったとしても、医師は成分がわからない薬を服用したことで発症した副作用に、適切な処置ができない可能性もあります。

医師でも、世界中で製造された薬を全て知っているわけではないのです。

AGA治療薬を個人輸入するリスクはかなり大きいのね。

先生アイコン
先生アイコン

命にかかわることが起こる可能性もあるから、個人輸入はやめた方が良いですね

まとめ

● AGA治療薬はクリニックで処方してもらった方が良い

● 個人輸入で手に入れた治療薬は品質の保証はない

● 個人輸入をした治療薬で副作用が出たとき、適切な処置が出来ない可能性がある

AGA治療薬は、クリニックで処方してもらった方が良い理由を説明しました。ご説明したように個人輸入には大きなリスクがあるため、個人輸入を考えている方は考え直した方が良いでしょう。