AGAクリニックに通うメリット・デメリット

世の中にはAGAクリニックがたくさんあります。それだけAGAに悩んでいる方が多いということでしょうが、AGA治療はクリニックに通った方がよいと思いますか?

クリニックに通わずに個人輸入で治療薬を購入したり、生活習慣を改善したりしてAGAを治療するデメリットはありますか?

当記事では、AGA治療でクリニックに通うメリットとデメリットをご紹介します。現在、クリニックに通うか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

● 自分で薄毛の改善をするリスクを知ることができる
● AGAクリニックに通うメリットを知ることができる
● AGAクリニックに通うデメリットを知ることができる

AGAクリニックに通うメリット

クリニックに初めて行ったときに、カウンセリングがあります。カウンセリングでは、AGA治療のための生活習慣の改善、髪の毛に悪いことなどのアドバイスを専門家から受けることができます。また、疑問や聞きたいことがあったら専門家に質問して、解決することができるのです。

また、クリニックではドラックストアなどでは購入できないAGA治療薬を処方してもらえます。ドラックストアでもリアップなどミノキシジルが配合されている育毛剤を購入できますが、抜け毛予防効果があるプロペシアなどは購入できません。

個人輸入して手に入れた治療薬は品質が保証されていませんが、クリニックで処方してもらえる治療薬は正規品のため、品質が保証されています。万が一、副作用が出たときでも、すぐに医師の指導を受けられるため安心です。

また、クリニックに行けば血液検査や遺伝子検査、頭皮環境のチェックなどで薄毛の原因を調べてもらえます。自分ではAGAによる薄毛だと思ったとしても、検査をしたら違う原因だったということもあり得るのです。

自分ひとりでは、AGA改善効果が期待できない間違っていることをしている可能性もあります。AGA改善効果がないことをいくらしていても、時間の無駄になりますし、AGAが進行して改善しにくくなってしまう可能性もあり得ます。

しかし、クリニックでは医師の指導の下、適切な治療を受けることができるのです。

医師の指導の下、適切な治療を受けられるのはかなり大きなメリットね

AGAクリニックに通うデメリット

AGAクリニックに通うデメリットでまず考えられるのは、費用面のことでしょう。交通費や薬代などがかかります。AGAの治療は保険が適用されないため、メソセラピーやオリジナル発毛薬などの治療を受けたら、かなり高額な治療費がかかってしまうかもしれません。

また、通院の手間もデメリットでしょう。クリニックには予約をして、時間通りに行かなければいけません。診療時間が限られているため、わざわざ時間を調整して通院しなければいけない可能性があります。自宅からクリニックまで遠い方は、往復するだけでかなり時間がかかってしまうでしょう。

また、AGAの治療をしていることを誰にも知られたくない方は、クリニックに入っていくところを知っている人に見られてしまうリスクがあります。

クリニックに通院するデメリットは、治療には直接関係がないことばかりね

まとめ

● 自分だけで薄毛の改善を図っても、適切なことをしているかわからない

● クリニックに通うメリットは、検査を受け適切な治療を受けられること

● クリニックに通うデメリットは、費用や手間がかかること

AGA治療でクリニックに通うメリットとデメリットをご紹介しました。クリニックに通うデメリットは治療には関係ないことばかりなので、AGAを本気で改善したい方はクリニックに通って治療を受けることをおすすめします。