AGAクリニックの治療で見られる初期脱毛とは?

AGAクリニックの治療で見られる初期脱毛とは?のサムネイル画像

AGA治療を始めてからしばらくしたら抜け毛が増えた、という経験をした方は少なくないはずです。それは、AGAが進行したのではなく、治療をしたことで生じた「初期脱毛」かもしれません。

当記事では、初期脱毛が起こる理由や時期などについてご説明いたします。AGA治療を始めたのに抜け毛が増えたと心配している方は、こちらを読めば安心できるはずです。

● ヘアサイクルを理解できる
● 初期脱毛が起こる理由がわかる
● 初期脱毛の起こる時期がわかる

初期脱毛ってなに?

初期脱毛のことをご説明する前に、ヘアサイクルとAGAが起こるメカニズムについて軽くご説明します。

ヘアサイクルとは?

ヘアサイクルとは、髪の毛が作られてから抜け落ちるまでの周期のことです。

成長期、退行期、休止期に分けられます。

成長期は、毛母細胞が活発に分裂して髪の毛が成長する期間。正常の人は、2~6年といわれています。

退行期は、髪の毛の成長が徐々に止まっていく期間。

休止期は、髪の毛が抜け落ち、新しい髪の毛を作る準備が始められる期間。

AGAによる薄毛は、ヘアサイクルが乱れて成長期が正常の人に比べて短くなることで起こります。成長期が短くなってしまうと、細く弱い髪の毛までにしか成長できません。そのため、抜け落ちやすくなり、薄毛になってしまうと考えられています。

初期脱毛が起こる理由は?

AGAの治療を始めて、毛母細胞が活性化されると髪の毛の成長が始まります。

このときに、休止期に入っていた細く弱い髪の毛が、成長してきた新しい髪の毛に押し出される形で抜けてしまうことがあるのです。これを初期脱毛と呼びます。

初期脱毛で抜けてしまう髪の毛は、休止期に入っていてしばらくすると抜け落ちてしまう髪の毛です。成長期にある髪の毛が、抜けているわけではありません。

AGA治療を始めても、初期脱毛が起こらずに薄毛が改善し始める方もいます。しかし、初期脱毛が起こったとしても、それはヘアサイクルの改善が始まったというサインなので、心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛はAGAが進行したということではないのね

初期脱毛が起こる時期や注意すべきことは?

初期脱毛が起こるとわかっても、抜け毛が増えたら初期脱毛によるものなのか、AGAが進行してしまったためなのかわからないと不安ですよね?

少しでも不安を解消してもらうために、初期脱毛が起こる時期や期間をご説明します。

初期脱毛が起こる時期や期間は?

時期は個人差があるため目安ですが、AGA治療を開始してから数日~1ヶ月以内に、初期脱毛は起こりやすいと考えられています。

初期脱毛が続く期間は、短い方で1~2週間、長い方で2ヶ月~3ヶ月といわれています。

初期脱毛が起こったときに注意すべきことは?

抜け毛が増えたからといって、勝手にAGA治療をやめないようにしてください。

抜け毛が増えたら不安に感じるのは当たり前かもしれませんが、治療をやめるかは医師に相談してからにしましょう。

せっかくヘアサイクルが改善され始めたのに、ここで治療をやめてしまっては無駄になってしまいます。

AGA治療を始めてから抜け毛が増えた全てのケースが、初期脱毛とは限らないことも覚えておいてください。痒みや痛みなどを伴った脱毛は、治療薬が合わないことが原因で起こった脱毛かもしれません。

この場合は、すぐに一旦治療を中止して、出来るだけ早く医師に相談して指導を受けてください。

初期脱毛か他に原因がある脱毛かの判断が難しいときは、医師に相談した方がよいようね

まとめ

● 初期脱毛はヘアサイクルの乱れが改善されてきたサイン

● 初期脱毛は個人差があり、全く起こらないで薄毛が改善することもある

● AGA治療後の抜け毛の増加が全て初期脱毛とは限らない

AGA治療後にみられる初期脱毛についてご説明しました。初期脱毛はポジティブなサインですが、自分だけで判断するのではなく、ちょっとした変化でも医師に相談することをおすすめします。